「日常生活」がweb記事に掲載

この前、遊びに来た友人が僕らの生活を記事にしてくれました。

僕らの想い、やっていることがわかりやすく、まとまっている記事ですので、ぜひ読んでみて下さい。



突撃☆きくえの晩御飯

文/写真 伊藤喜久恵水、電気、ガスのライフラインを全て自給し、食べ物も自給自足しているという、素敵なエコライフを送っている2人です。半月ぶりですが、ちゃんと話すのは今回が初めて。 なのにも関わらず私を家に泊めてくれるという寛大な2人です。 しかも三日前に連絡するという。 「いやー良かったよ!一ヶ月前に言われると逆に困るんだ。僕たちは天候で予定を決めてるから。」 天候で予定を決めてる?? 「ここだよ!」そう言って案内してもらったのは、2人が作っている畑。 「靴は、、脱いでいった方がいいかな!裸足の方がいいよ!」 ??? 数分後に私はその言葉を身を持って理解しました。泥だらけ。楽しすぎる笑 この畑、普通じゃない。雑草だらけなのです。 「ここはホウレンソウ、こっちはニンジン、トマト、スイカ、ジャガイモ、カラスノエンドウ・・」よく見るとそこにはちゃんと野菜が植わっており、元気に育ってるじゃないですか。 最初は耕す事を知らずにやってるのかな? と思ったのですが、 この2人がやってる事はとても深かった。 自然農 土を耕す事無く、虫除けの農薬を使わず、雑草を抜くこと無く、自然の場所を借りて野菜を栽培する方法。 彼らは言いました。 「人工的に効率よく量産するのは自分達がやりたい事とは違うと思ったんだ。 必要以上に量産したり、人間の都合で自然に流れている時間を短縮すると必ず無理が生じる。それは未来にも影響する。 ここに小屋を建てようと思ったんだ。でも辞めた。僕たちもいついなくなるか分からないからね、自分達がいなくなった時、それがどうなるか考えた。 人間一人分の生活をするのにそんなにモノはいらないんだ。 最後は愛しか残らない。 モノはいらないんだよ。」私はドキっとしました。 散々モノを作り、建造物をおっ建ててきた私は何だか注意された様に感じた。 もちろん歴史的建造物の価値やモノづくりを否定したわけじゃ無い。 世の中の違和感に対して言った事だと思う。その日は夕食もご馳走になりました。 ご飯を食べてる時も彼らは良

www.m-sugi.com

0コメント

  • 1000 / 1000