夢のたねとは

代表 青山雄飛の約2年間に及ぶ世界放浪、アラスカのデナリ(6194m)登頂後、2013年に設立。


「やりたいことはなんでもできるし、なりたいものにはににでもなれる」

そんな可能性のたねをまきたいという想いで活動。大自然をフィールドに、登山、キャンプ、マウンテンバイク、サイクリングなどの野外活動、世界の旅のおはなし会、各種映画の恩送り上映会、”うさぎ!”読書会などを開催。


日本の山々、ペルー、ニュージーランドなどでのバックカントリースキー&スノーボード、里山やネパールでのマウンテンバイク、アジアへの旅、日本海やロンボク島でのサーフィン、畑、自給自足の生活など、自分の可能性へも楽しみながら挑戦中。

夢のたねのイベントは、暮らしそのもの。今、夢中なこと、一緒に楽しみたいことをベースに企画しています。



※現在の想いなどは、スタッフプロフィールをご覧ください。


<恩送り上映会>

参加費は、次の参加者を想い、お好きな金額をお支払いいただいています。

前の上映会でいただいたお金で、上映会を開催。いただいたお金は、全て次の上映料に使わせていただいています(太陽光発電で上映&自宅開催なので、夢のたねにかかる経費はありません)。

今まで参加していただいた全ての方の思いやりで回っている上映会です。

2015年 美しき緑の星

2016年カンタティモール

聖者たちの食卓

アラヤシキの住人たち